忍者ブログ
ゴロニャ~。 ブログは基本的にヒトリゴトです!ごめんなさい!
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27日の早朝、日本を出発し、夜にハンガリーに到着しました。

P1020253.JPG









ハンガリーは残念ながら時間がなく、実質1日しかいないようなもんでした。



ちょっとめんどくさくなってきたんで、
観光の話は、やっぱやめます。

夜、オペラのチケットをとっていたんで(日本円で約500円!!)、
まず場所確認のためにハンガリー国立オペラ座へ行きました☆

なんと、そこには!!!!!!!!!!!




作曲の神、リスト様の像が~~~~

P1020239.JPG











きゃーきゃーきゃー

私、大興奮!

友達、「リストは変態」との暴言。



私、音楽とか、芸術とか全く知識無いんですけど、
リストだけは好きなんですよ。
スキっていうか、ただのファンですね。

リストの曲なんて、ほとんどの人が全く手も足も出ないほど難しい曲もあるんだけど、
そんな曲を作ってしまうところがなんともステキすぎる。

あと、顔も好みです!←結局これ。


ブダペストにはリスト音楽院っていう超超超ステキな学校があります!

P1020306.JPG









アール・ヌーヴォ様式らしいです。
横文字はむずい!

しかし、こんなステキな学校!通いたい!
うちの大学とは大違い!
当たり前か!レベルが違うよ^^
うちの大学なんてカスだよー^^(同じ大学の人、ごめんw)

真ん中には再びリスト像。

P1020305.JPG










そして、夜はハンガリー国立オペラ座へ行ってきました。

題目は「蝶々夫人」


席がね・・・500円なだけあって・・・・



何も見えん。(えー


かなしー。


マナー違反だけどね、体乗り出して見れば見えたよ。
ただ、あの衣装はいただけなかった。

日本人を演じるのはいいが、そんな着物きねーぞと。

歌や演奏に関しては私は評論できる程見ていないので、
なんともいえませんが、
ステキな演奏でした☆

まぁ、そんな感じで。


ハンガリーで嬉しかったことは、帰りの地下鉄のチケットを昼間に予め買おうとしたら、
オペラ座の前の駅では買うことができなかったんです。

そんでね、困ってたらそれを見てたおじ様が助けてくれたのです!!

こっちと違って、区間で料金が異なるわけではなく、
1本で帰れるならいくら。乗り換えするならいくら。っていう料金設定。

でも、買えなくて困ってたら2枚譲ってくれたのです☆


おぉ、神よ。って感じ!


しかも、話に聞いてた通り、タクシーなんぞ居らず。

本当に、あのおじさんには感謝感謝です。


ちなみにオペラの時間になったら、どっから湧いてきたんだ!
ってほどの仕立てのいい毛皮のコートをお召しになられた、
マダム達でオペラ座はあふれかえっていましたとさ。


これでハンガリーの話は終わり。


もっと色々書くことあるだろー!って感じだけど、
これでよろし。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お天気情報
カウンター
プロフィール
HN:
みそら
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1985/09/24
職業:
学生
趣味:
ピアノ、ゴルフ、お買い物,友達と遊ぶこと ナドナド
自己紹介:
ほのぼの生きていたいなぁ~って思いながら23年間生きてきました。
その結果、本物のダメ人間に育ってしまいました。

そんな私のつまらない日常生活や、思ったことを
自分のタイミングで更新するという、
ダメダメなブログです。
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/24 大学にいる子]
[03/23 みそら]
[03/20 大学にいる子]
[03/17 みそら]
[03/14 ひで]

Copyright © みーちゃんワクワク日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]